憲法:大阪芸短リポート評価:【B良】最高裁判所の違憲法令審査権について説明しなさい、NJ06~14対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数421
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポート、学校名:大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名 : 憲法、作成日:平成25年5月、成績:B(良)
    キーワード=大阪芸短、保育科、リポート、最高裁判所、違憲法令審査権、食糧管理法違反、警察予備隊違憲訴訟、砂川事件、苫米地事件、警察法改正無効事件、在宅投票制度廃止事件
    参考文献:「憲法」、畑 雅弘 著、大阪芸術大学短期大学部通信教育部 発行
    設題:最高裁判所の違憲法令審査権について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リポート、学校名:大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名 : 憲法、作成日:平成25年5月、成績:B(良)
    キーワード=大阪芸短、保育科、リポート、最高裁判所、違憲法令審査権、食糧管理法違反、警察予備隊違憲訴訟、砂川事件、苫米地事件、警察法改正無効事件、在宅投票制度廃止事件
    参考文献:「憲法」、畑 雅弘 著、大阪芸術大学短期大学部通信教育部 発行
    設題:最高裁判所の違憲法令審査権について説明しなさい。
     違憲審査権は、法令等の内容が憲法に違反するものでないかを審査するこ
    とのできる権限をいう。憲法が国の最高法規であり、これに反する法令等は
    効力を有しないとされていることを受けて、違反の有無を審査する権限が裁
    判所に与えられたものである。高等裁判所や地方裁判所などの下級裁判所に
    も違憲審査権があるが、当事者の上訴があれば、最高裁判所が最終的に法令
    等が違憲かどうかを決定することになる。
     このため、最高裁判所は、「憲法の番人」と呼ばれているのである。
     この違憲審査権は、いつでも行使することができるというものではなく、
    仮に法令等が憲法に違反する疑い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。