憲法:大阪芸短リポート評価【A優】日本国憲法の象徴天皇制について説明しなさい。NJ06~14対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数301
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本国憲法の象徴天皇制について説明した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リポート、学校名:大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名 : 憲法、作成日:平成25年5月、成績:A(優)
    キーワード=大阪芸短、保育科、リポート、日本国、憲法、象徴、天皇、
    参考文献:「憲法」、畑 雅弘 著、大阪芸術大学短期大学部通信教育部 発行
    設題:日本国憲法の象徴天皇制について説明しなさい。
     わが国の天皇制については、統治権力のない日本の象徴と定義する。
    これを憲法で明確に定めた国家というのは、日本以外にほとんど無い。
     立憲君主制の国として、イギリスやスウェーデンが挙げられるが、
    どちらの国も統一的な憲法典は存在していない。
     また、第二次世界大戦以前は、天皇を中心とする絶対君主制であった。
    敗戦時に天皇を闇に葬らずに、象徴として活用する手法は正解である。
     いくら、天皇を無力化したところで、長年天皇崇拝してきた日本国民
    を納得させるためにも、日本の象徴として外交やセレモニーで活躍して
    もらえば、その姿も国民が見て落ち着くだろうし、心なごむ所である。
     さて、その天皇制については、日本国憲法第1章にうたわれている。
    その第1条から第..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。