【言葉指導法】大阪芸術短大、NJ13~NJ18対応、全学生対応、H24年12月試験、6問分解答案、評価【B良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数424
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    単位修得試験解答案、 学校名 : 大阪芸術短期大学、 学科名 : 通信課程、 保育科
    科目名 : 言葉指導法、      受験日 : 平成24年12月9日、  成績 : B (良 )
    キーワード=大阪芸短、保育科、単位試験、解答案、ことばの機能、発達の様相、ことばの機能、保育課程、に週案、日案、保育者、援助、役割、文化財、障害、言語、影響
    参考文献:「新時代の保育双書 保育内容 ことば〔第2版〕」、成田徹男 編、(株)みらい発行

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    単位修得試験解答案、 学校名 : 大阪芸術短期大学、 学科名 : 通信課程、 保育科
    科目名 : 言葉指導法、 受験日 : 平成24年12月9日、 成績 : B (良 )
    キーワード=大阪芸短、保育科、単位試験、解答案、ことばの機能、発達の様相、ことばの機能、保育課程、に週案、日案、保育者、援助、役割、文化財、障害、言語、影響
    参考文献:「新時代の保育双書 保育内容 ことば〔第2版〕」、成田徹男 編、(株)みらい発行
    01_言葉指導法
    ・ことばの機能について述べ、0歳児、1~2歳児のことばの発達の様相についてまとめなさい。
     ことばの機能は、人と人とのコミュニケーションがまず第一である。ただし現実の対話の状況においては、音声のみに限定したバーバルコミュニケーションのみならず、対話者の表情や身振り手振り、目線、顔の表情や態度など、ノンバーバルコミュニケーション=言外の雰囲気も重要な意味を持つ。
     そこで以下に0歳児、1~2歳児のことばの発達の様相について述べる。
    ①.0歳児:喃語:乳児が言語を獲得する前段階で、声帯の使い方や発声される音を学習している。保育者は、その乳児に対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。