【保育原理】大阪芸術短大、NJ13~NJ18対応、H24年10月試験、6問分解答案、評価【A優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数679
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    単位修得試験解答案、 学校名 : 大阪芸術短期大学、 学科名 : 通信課程、 保育科
    科目名 : 保育原理、      受験日 : 平成24年10月14日、  成績 : A ( 優 )
    キーワード=大阪芸短、保育科、単位試験、解答案、保育所保育指針、第一章総則、保育所の役割、保幼二元政策、保育所、幼稚園、違い、延長保育、保育サービス、児童福祉、保育目的、指導目標、保育の原理
    参考文献:「保育原理」、上野辰美・倉戸直実 編著、大阪芸術大学短期大学部通信教育部 発行

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    単位修得試験解答案、 学校名 : 大阪芸術短期大学、 学科名 : 通信課程、 保育科
    科目名 : 保育原理、 受験日 : 平成24年10月14日、 成績 : A ( 優 )
    キーワード=大阪芸短、保育科、単位試験、解答案、保育所保育指針、第一章総則、保育所の役割、保幼二元政策、保育所、幼稚園、違い、延長保育、保育サービス、児童福祉、保育目的、指導目標、保育の原理
    参考文献:「保育原理」、上野辰美・倉戸直実 編著、大阪芸術大学短期大学部通信教育部 発行
    01_保育原理
    ・保育所保育指針、第一章総則に示された保育所の役割について述べよ。
    (1)保育所は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条の規定に基づき、保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ることを目的とする児童福祉施設であり、入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしい生活の場でなければならない。
    (2)保育所は、その目的を達成するために、保育に関する専門性を有する職員が、家庭との緊密な連携の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、保育所における環境を通して、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。