明治大学:日本におけるスポーツビジネスの可能性と今後の課題 S判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,005
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スポーツ産業と聞くとピンとこない方もいるだろう。私も以前、スポーツを趣味程度に考えていた。しかし近年、オリンピックやサッカーのワールドカップに代表される国際大会などの開催地を各国が我こそはとこぞって競り合っている。なぜならスポーツは国を様々な角度からアピールする絶好の機会であり、莫大な広告収入等を得ることができるからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                                 
    スポーツビジネス論レポート
    日本企業におけるスポーツビジネスの可能性と今後の課題
    1、序論
    スポーツ産業と聞くとピンとこない方もいるだろう。私も以前、スポーツを趣味程度に考えていた。しかし近年、オリンピックやサッカーのワールドカップに代表される国際大会などの開催地を各国が我こそはとこぞって競り合っている。なぜならスポーツは国を様々な角度からアピールする絶好の機会であり、莫大な広告収入等を得ることができるからである。
    スポーツにおける意識変化という点では日本国内における空前の健康ブームも一つの要因と言える。ここでも日本人の意識の変化や時代の変化を感じさせる。
    日本国内における意識の変化といえば若手スポーツ選手の大活躍もあげられるだろう。例えばフィギュアスケートの浅田真央選手や安藤美姫選手等の美しい演技は大人から子供まで魅了した。現在ではゴールデンタイムに放送されたり、スケート靴を持ち歩く少女の姿をよく見かけたりするようになった。
    かくいう私も中学時代、先輩のサーブを見て憧れテニス部に入部した。結局は高校で主将を務め、あの時がきっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。