明治大学:低公害車 レポート S判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数245
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     はじめに
    我々の最も身近にあり快適な生活をサポートしてくれる自動車。自動車は通勤、旅行、ドライブの友であったり、さらには体に障害を抱えた人や高齢者の足になったりと幅広いフィールドで活躍してくれる。もはや自動車は我々にとってかけがえのない存在である。しかし近年、深刻化する環境問題の原因物質をつくるとして自動車は存続の危機にさらされている。事実、大気汚染や、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出量はここ10年の間に23%も増加している。そして大変残念なことに自動車の排気ガスには二酸化炭素を多量にふくんでいるのだ。もちろん二酸化炭素増加の原因はその他にも挙げられるが自動車の生産台数の増加が一番の原因だと考えられている。なぜなら日本では2人に1人は自動車を所持しているほどで、環境問題の主な原因とされることからは逃れられない。さらに自動車の排気ガスには二酸化炭素だけではく、強い毒性があり少量で死に至る一酸化炭素、気管支炎や肺水腫を引き起こす窒素酸化物、急性神経症状などの危険もある炭化水素類なども含まれているのだ。ではこのまま姿を消してしまうしか道はないのだろうか。だが自動車を好きな人達や必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。