明治大学:外国文学レポート A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数320
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ドイツ最大の過ちといっても過言ではない強制収容所でのユダヤ人大量虐殺。第二次世界大戦が終了してはや半世紀以上たつ今もなおその記憶を風化させないため、または想起させるためにドイツベルリンの地にて記憶の遺産として記念碑が残る。
    本稿ではノーベル文学賞受賞作家ケルテース・イムレの『運命ではなく』を読んで、私の考えそして外国文学講義での先生のお考えなどを踏まえて議論を展開していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                                
    外国文学Bレポート
    「運命ではなく」を読んで
    序論 
     ドイツ最大の過ちといっても過言ではない強制収容所でのユダヤ人大量虐殺。第二次世界大戦が終了してはや半世紀以上たつ今もなおその記憶を風化させないため、または想起させるためにドイツベルリンの地にて記憶の遺産として記念碑が残る。
    本稿ではノーベル文学賞受賞作家ケルテース・イムレの『運命ではなく』を読んで、私の考えそして外国文学講義での先生のお考えなどを踏まえて議論を展開していく。
    本論
     全体を通して、ユダヤ人の少年の目線で語られている。その中で思春期特有とも言える感受性が懐かしく思えたり、あまりの生々しさに目を閉じると自分がそこにいるように感じたりと彼の「記憶」がそのまま伝わってくる、自分の記憶であるかのように共有されている感覚を覚えた。広沢先生も述べられていたように形は違えども過去現在未来がいつも今であり一貫性がある。
     ではまず「運命」という点から述べていく。全体的に「運命」を感じる点はいくつもあるが私が印象に残ったのは父が労働キャンプに召集された時に、ラヨシュ伯父さんから..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。