◆S8101◆教育原論1レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数289
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    教育原論1のレポートです。
    この内容にて合格しています。
    (あくまで参考としてご利用ください。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ***** 教育原論1 第 1 設題
    *****-***** *****
    (1)
    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    “発達課題”とは、人間には発達に応じた課題があるということを意
    味する。つまり、生涯発達図式において一定の発達年齢で達成しておく
    べき課題を発見・定義することがあり、この各年齢段階における心理的・
    社会的・対人的な課題のことを“発達課題”というのである。
    ハヴィガーストは「人間の発達課題と教育」( 1953 )の中で、発達課
    題について、『発達課題とは、人生のそれぞれの時期に生ずる課題で、そ
    れを達成すればその人は幸福になり、次の発達段階の課題の達成も容易
    になるが、失敗した場合はその人は不幸になり、社会から承認されず、
    次の発達段階の課題を成し遂げるのも困難となる課題である。』と述べて
    いる。また、ハヴィガーストは発達課題という考え方が、下記の2点に
    おいて、教育に有益であることを述べている。
    ① 学校における教育目標を発見・設定への援助
    教育は、個人がその発達課題を確実に習得するのを援助するために、
    学校を通して、社会が努力をしなければならない。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。