こどもの保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数311
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「わが国の乳児・新生児死亡率について述べよ。」
    出生、死亡、婚姻などに関する住民からの届出をもとに、年間のその地域内の人口の動きをまとめたものを、人口動態統計という。これは、その地域の保健・医療・福祉の指標として活用されている。出生に関する統計を出生率といい、死亡に関する統計のうち、全人口における全年齢の死亡の統計を死亡率という。それは、死亡者数を全人口で割ったものに1000をかけたもので算出される。乳児死亡率は、1歳未満の死亡数を出生数で割り1000をかけたもので、新生児死亡率は、出生後28日未満の新生児の死亡数を出生数で割り1000をかけたもので算出される。要するに、1000人出生あたり、何人死亡するかを示している。
    新生児・乳児は、身体機能の未熟さや、出生直後の環境の急変などにより死亡率が高い。死亡統計でこれを取りあげて観察するのは、乳児の生存は母体の健康状態・養育条件等の影響を強くうけるためである。乳児死亡率はその地域の衛生状態の良否、ひいては経済や教育を含めた社会状態を反映する指標の1つと考えられているからである。
    以下には、わが国の乳児・新生児死亡率について述べていく。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。