保育内容「表現」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数854
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    表現子ども幼稚園保育園

    代表キーワード

    保育内容表現

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「表現を育てる保育者の役割についてテキストの内容を参考に自分の考えを述べよ。」
    今日の子どもを取りまく環境は、都市化が進み、子ども達が戸外で豊かな自然に触れて遊ぶ機会が少ない。また、少子化や核家族化、テレビゲーム等の既製のおもちゃの氾濫の中で、知恵を受け継いだり、工夫して遊びをつくり出すなど、子ども同士で遊ぶ時間や機会が減少しているのが現状である。
    幼稚園教育要領解説の「表現」の領域の中で、「幼稚園においては、日常生活の中で出会う事物や事象、文化から感じとるものやその時の気持ちを友達や教師と共有し、表現し合うことを通して、豊かな感性を育てるようにすることが大切である」と述べられている。
    幼稚園においては園生活の身近な環境に十分にかかわり、様々な美しいものや心動かされることに出会い、そこで感じたことを自分なりに表現し、その感動を友達や保育者と共有し合う喜びを味わうこと、豊かな感性や創造性の基礎を培うことが大切である。
    以下に、領域「表現」のこれまでとこれからの課題をまとめ、現代社会で必要となる保育者の役割や指導方法などを考察していく。
    1956年から幼稚園の保育内容は「幼稚園教育要領」の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。