人権教育の現状

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数254
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人権教育の現状と課題について考察するとともに、学校における人権教育のあり方についてあなたの考えを具体的に述べよ。」
    「人権教育・啓発に関する基本計画」によると人権とは、「人々が生存と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利」と定義され、基本計画で「人間の尊厳に基づいて各人が持っている固有の権利であり、社会を構成するすべての人々が個人としての生存と自由を確保し社会において幸福な生活を営むために欠かすことのできない権利」であると説明されている。通常は基本権や基本人権と同義のもとしてとらえられ、他人から与えられたのではなく、生来的に有するものであるという意味合いで語られることが日本では多い。
     この基本計画の内容は多岐にわたるが、女性・子ども・高齢者・障害者・同和問題・アイヌの人々・外国人・HIV感染者・ハンセン病患者等、刑をおえて出所した人、犯罪被害者等、インターネットによる人権侵害、その他、などが課題として挙げられる。そこで、人権教育の現状と課題について考察をしていく。
    これまで学校・家庭・地域社会のあらゆる場において人権に関する施策や教育が推進され、人権を尊重する社会を実現する上で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。