教師論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数143
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教員社会学校教育委員会

    代表キーワード

    教師論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べよ。」
     教師とは人にものを教える人をいう。それは、万人が万人に対して教師ということになる。親が子に、子は友に、全ての人がお互いに教え合い支え合って、社会をつくり生きている。そして、他人に知識や技術を教えることを、最も広い意味で「教師」と呼ぶ。対して、「教員」とは、学校をはじめとする教育施設で、社会から学校等での教育を委託され、それを職業とする人を指すといえる。
     現在の教育とは、変化の激しい社会状況もあり、昔と今では変化をしているが、これからの社会を背負っていく者を育てていくために、非常に重要なものである。
    中央教育審議会及び教育職員養成審議会の答申を基に、これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べていく。
    現在では、昔とは大きく違い教師に対してのいじめや暴力などの問題がある。だが、いつの時代も教員に求められる資質能力はあると思われる。中央教育審議会の答申を受け教育職員養成審議会は、1997(平成9)年7月28日、第1次答申「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」発表した。そのなかで、教員に求..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。