音楽基礎Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数407
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    クラッシク西洋

    代表キーワード

    音楽基礎

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ。」
    クラシック音楽とは、直訳では古典的音楽であるが、一般には西洋の芸術音楽を指していう。他の音楽と比べて使われる楽器の種類が多く音域も広く、全ての音楽の基礎とされる。古典的という意味の通りその歴史は深い。にもかかわらず、現代社会の日常生活では、他国の音楽であるクラシック音楽に深く触れる機会は少ないようにも思える。だが実は、意外と身近にあり、例えばテレビのCMやドラマ、バラエティ番組、フィギュアスケートに使われたりしている。学校では、登下校時に流し時間を知らせたり、運動会や卒業式でのBGMとして使われている。保育・教育等の現場での様々な場面で、日常的にクラシック音楽を活用していけば、子ども達が親しみを持ち、音楽への興味を持っていくことにつながっていくと考える。
    以下、クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べる。
    バロック音楽の時代の有名な作曲家はバッハ・ヘンデルである。バロック音楽とは、ヨーロッパにおける17世紀初頭から18世紀半ばまでの音楽である。オ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。