ジェンダー論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数993
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「性差別と性の役割について述べよ。」
     「ジェンダー」とは、「社会的に作られた性別」の事を指し短縮をして「社会的性別」と訳す。女らしさや男らしさ、女性の役割や男性の役割など、社会的・文化的な特性を男女という対にカテゴライズ(分類すること)するものである。他に、日本語では「性」という言葉の意味するものに、セックス・セクシュアリティ・ジェンダーがある。「セックス」とは、生物的な性別で、身体構造に関連するところで人を男女に区別するもの。「セクシュアリティ」とは、性に関わる心理や行動、価値基準などを表すもので、性行為に代表される生理学的な現象よりも、心理的・社会的な現象である。
     性差別とは、性別を理由に合理的な根拠のない形で行われる差別や抑圧、社会的排除をすることである。
     そこで、性差別と性の役割について考えていくことにする。
    男女の生物的な性差、自然の生み出す性差とは異なるレベルで、私たちのものの見方や考え方の中に「男だから~、女だから~」という固定的な思い込みを「ジェンダー・バイアス」という。
     ジェンダーをめぐる差別や排除の問題では、女性をめぐる差別の問題の方が多い。なぜならば、もの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。