教育実習研究(小)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数787
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年に作成し、評価はAでした。

    参考文献:教育実習研究 小学校編ー新学習指導要領対応ー
           田中圭治郎 編著

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育実習をするにあたって留意すべきことを述べよ。
    児童観
    子供は教育を受ける権利を有している。教員は子供の教育を受ける権利を保障する義務を負っている。教育実習におもむき、教壇に立つとき、あるいはクラブ指導にあたるとき、教育実習生といえども、その一端を担うこととなることを肝に銘じなければならない。この権利は憲法26条に「すべての国民は法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する」と示されている。
    私は現在学童保育で働いている。その際他児の宿題の妨げになる児童を教室の外に出した。しかしこれは「教育を受ける権利」という点で間違っていたと思う。外に出すのではなく、宿題に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。