教育社会学 第1設題.「学歴社会による教育の変化」.doc最終版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数291
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 教職科目レポート
    以下の科目の合格レポート一覧です。提出したままの形で載せておりますので、レポート作成の参考にして下さい。丸写しは不可でお願い致します。
    学校教育職入門 (A評価)
    教育原論1 (A評価)
    教育社会学1 (A評価)
    学校教育課程論 (A評価)
    教育方法学1 (A評価)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。」
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられている。学歴社会とよく混同されている言葉に、高学歴社会があるが、高学歴社会とは「高学歴者の多い社会」を意味する言葉であって、学歴は配分の基準として考えられる学歴社会とは意味するところがまったく違う。具体的に高学歴社会とは、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされている。学歴社会とは学力のみの解釈ではなく社会の中での指標になるもので、もっと大きな意味を持つものである。
    上述した通り、学歴社会とは、当該社会の社会的・職業的地位を決める主たる基準のひとつが学歴であるような社会である。つまり、多くの場面で様々な学歴が基準になる。決して学力にのみをさすものではない。では、日本はどのような経緯から学歴社会へと変化していったのか。
    明治時代がスタートし、維新政府が必要としいたのは、各分野における優れた人材であり、その質的・量的に安定した供給を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。