フェミニスト問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数510
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. はじめに
     日本社会のジェンダー問題におけるフェミニスト問題についてラディカル社会学及び文化論的背景の視点から論じる。ここ近年で、男女差別するような単語は日本社会でも使われなくなり、度重なる法律改正をおこない表面上はフェミニスト問題は解決されつつある。しかしながら、細かい問題はいまだに山積している。また、フェミニスト問題を解決するがために、他のことに弊害をもたらしていると普段の生活で感じるためにこの問題を論じたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
     日本社会のジェンダー問題におけるフェミニスト問題についてラディカル社会学及び文化論的背景の視点から論じる。ここ近年で、男女差別するような単語は日本社会でも使われなくなり、度重なる法律改正をおこない表面上はフェミニスト問題は解決されつつある。しかしながら、細かい問題はいまだに山積している。また、フェミニスト問題を解決するがために、他のことに弊害をもたらしていると普段の生活で感じるためにこの問題を論じたい。
    概要
    フェミニスト問題における文化論的背景
    フェミニスト問題における社会学的考察(ラディカル社会学定義)
    フェミニスト問題を意識しすぎての矛盾と弊害
    参考文献
       
    a)フェミニスト問題における文化論的背景
     冒頭でも述べたが日本社会は、ここ約30年で女性の地位向上のための政策及び法律改正をしてきた。しかし、アメリカが1960年代に改善運動求めはじめてるのと比較すると日本はだいぶ遅れてからのできことである。これは、日本特有の文化論の背景が存在するからだと考えられる。また、この文化論が現在の日本において女性の地位向上の動きを妨げていると考えられる。たくさんの文化論の背景が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。