養護教諭の職務における健康相談活動の基本理念とその実践方法について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,102
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「養護」は人間の人格的成長が図られるうえでも不可欠であり、子どもの生活に寄り添い深く関わりながら心身の成長を支えていくことや、子どもの成長を阻害するさまざまな諸条件に対して、子どもの成長過程に沿いながら子どもとともに改善するねらいがある。
     養護教諭とは、学校に配置されている教育職員の一員として、「養護をつかさどる」職務をになう。近年の教育現場では、児童生徒の心身の健康問題がより深刻化していることに伴い、養護教諭の果たす役割に期待が寄せられていると言える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「養護教諭の職務における健康相談活動の基本理念とその実践方法について述べよ。」
    「養護」は人間の人格的成長が図られるうえでも不可欠であり、子どもの生活に寄り添い深く関わりながら心身の成長を支えていくことや、子どもの成長を阻害するさまざまな諸条件に対して、子どもの成長過程に沿いながら子どもとともに改善するねらいがある。
     養護教諭とは、学校に配置されている教育職員の一員として、「養護をつかさどる」職務をになう。近年の教育現場では、児童生徒の心身の健康問題がより深刻化していることに伴い、養護教諭の果たす役割に期待が寄せられていると言える。
    その中で養護教諭の行う「健康相談活動」は、養護教諭の職務の特質や保健室の機能を充分に生かし、児童生徒の様々な訴えに対して、常に心的な要因や背景を念頭において、心身の観察、問題の背景の分析、解決のための支援、関係者との連携など、心や体の両面への対応を行う活動である。
     健康相談活動は、1890年代の感染症への対応のため1905年に岐阜県内の小学校に学校看護師が採用されたことが前進と言われている。その後も戦後の貧困による栄養障害や、伝染疾患などの問題もあり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。