学校教育を支える養護教諭の役割について、具体的な例を挙げ考察せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数902
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    養護教諭学レポート

    代表キーワード

    養護教諭学

    資料紹介

    1学校保健と養護教諭の役割     
     養護教諭の役割として、学校教育法第28条7項では「養護教諭は、児童の養護をつかさどる」としている。この「養護をつかさどる」とは、保健体育審議会答申より、児童生徒の健康を保持増進するためのすべての活動と言える。
     児童生徒の健康を保持増進するための活動である学校保健は、保健教育・保険管理・組織活動に分けられる。さらに保健教育の領域は保健学習・保健指導、保健管理は対人管理・対物管理、組織活動は、教員、保護者、地域、学校保健委員会など、目的や対象別にさらに細かく分岐していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校教育を支える養護教諭の役割について、具体的な例を挙げて考察せよ」  現在、教育現場では生徒・児童の心身の問題が多様化し、養護教諭はより一層専門的な知識や対応が求められていると言える。平成7年学校保健法施行規則の改正の要旨では、『近年、児童生徒の心身の健康問題が複雑、多様化してきており、特に、いじめや登校拒否等の生徒指導上の問題に適切に対応するとともに、児童生徒の新たな健康問題に取り組んでいくためには、学校における児童生徒の心身の健康について指導体制の一層の充実を図る必要があり、保健主事、養護教諭の果たす役割が極めて重要となっている』と述べている。  これらを踏まえ、学校教育を支える養護教諭の役割について考え述べる。  1学校保健と養護教諭の役割       養護教諭の役割として、学校教育法第28条7項では「養護教諭は、児童の養護をつかさどる」としている。この「養護をつかさどる」とは、保健体育審議会答申より、児童生徒の健康を保持増進するためのすべての活動と言える。  児童生徒の健康を保持増進するための活動である学校保健は、保健教育・保険管理・組織活動に分けられる。さらに保健教育の領..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。