科目最終試験 道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数383
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。2011年度科目最終試験の設問を網羅した最新版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.人間にとって、道徳がなぜ必要かについて述べよ。
    道徳は人間の生き方(真理)を示すものである。プラトンのイデア論は、経験から科学技術に進むためには既知と未知を一括する普遍的なものが前提とされると考えた。道徳とはこのイデア論が根底にあり、人間は真理を求めこれを規範としてどのように生きるかを考えることである。
    では、真理へ近づくためにはどういたらいいか。人間が真理を追求するのは、自分が欺瞞の犠牲になっているのではないかと疑念を持ち、欺瞞から解放されようとする場合である。真理は人間に苦痛を与え、その特性が真理に対して目をつむり、安易な幻想の中に逃げ込む誘惑の原因になる。この誘惑に抵抗し、厳しい真理を誠実に直視することは、自己自身に立ち向かう多大な勇気を要求する。これが自己変革である。現代社会は急激に変化(国際化、情報化、高齢化、これまで経験してこなかった新しい状況)しており、自分自身を見つめ、新しい自分を求めることが絶えず必要になる。人間は従来の思想を保守することに安心感を覚えるが、絶えず自己を見つめ自己を検証することが求められる。
    マスローは、人間がどのように生きるべきかを自己実現の中に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。