科目最終試験 体育概論Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数723
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。2011年度科目最終試験の設問を網羅した最新版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.子どもの体力や運動能力は、ただ単に大人を小さくしたものではないとされている。その根拠について具体的に述べよ。
    子どもは、身体的・精神的に発育・発達の最中であり、成熟に至る個体である。発育・発達の速度には個人差が大きく、男女差、遺伝的・環境的要因が挙げられる。
    子どもの身体発達(身長)のパターン
    ①第一発育急進期…胎児期~乳児期~幼時期前半(3歳)までの最も急激な発育を示す時期。また、生命体である人間として必要とされる構造と機能の基本的な部分が形成される。
    ②発育安定期…幼時期後半~学童期前半(10歳)までの比較的発育が穏やかな時期。この時期は2つの意味がある。(a)第一発育急進期で急速に成長した身体機能を調節し、機能を向上させる。(b)思春期発育スパートの準備をする。
    ③第二発育急進期…学童期後半~中学校期(11~15歳)にかけて再び思春期特有の急激な発育が起こる。思春期発育スパートにより身体は子どもから大人へと急激に変化する。
    筋力の発達
    身体活動は、骨格筋が収縮し、発生した張力で骨格を動かすことによって行われる。骨格筋は、大脳からの指令が神経を経由して伝わり、筋肉内に貯蔵された..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。