科目最終試験 生徒指導・進路指導の研究(初等)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数589
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。2011年度科目最終試験の設問を網羅した最新版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.いじめの構造とその特質についてまとめ、具体的な指導方法を述べよ。
    <いじめの構造とその特質>
    ○「集団による弱者いじめ」「みんなで誰かを阻害し排除する」「集団で人格を無視」(みんなでよってたかってある特定の子どもをいじめる。それをだれもとめることなく長期化していく。関連して、いじめの大半は教室の中で起こっている)
    ○いじめという行為の背景には気分や機嫌、ストレスの問題がある。(日本の序列社会の中で子どもにかけられる圧力や他の子どもとの比較で評価する傾向が強く、ストレスがたまっている子どもたちが多数を占めている現状からすれば、いじめが生じない方がむしろ不思議なくらい)他の子をいじめた理由として、「なんとなく」「見ているとむかつくから」という意見とともに「おもしろいから」「イライラのはけ口にいいと思った」というものが高い割合を占める。また、日本人に特に顕著な「異質性を嫌う」傾向も特定の子ども(転校生、成績や身体的特徴のため目立つ子など)をいじめることにつながりやすい。
    ○いじめが長期化すると悪質、過激、陰湿になる。長期化していくことの背景に、観衆や傍観者の存在が指摘される。中でも傍観..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。