科目最終試験 人権(同和)教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数586
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。2011年度科目最終試験の設問を網羅した最新版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
    人権教育を推し進めるために、具体的な行動計画の確立を諸機関、諸政府、諸団体に求めるものである。また、人権を守ることを宣言や条約レベルでとどめず、日常の生活レベルで具体的に実現していくことを求めている。
                        あり方
    ①人権と基本的自由の尊重を一層強化すること
    ②個性を全面的に開花させ、人間の尊厳を大切にする心を十分に育てること
    ③すべての国民、先住民および人種・民族・エスニック・宗教・言語集団間の相互理解と寛容、性的平等および友好関係を促進すること
    ④すべて個人が自由な社会に効果的に参加できるようにすること
    ⑤平和を守るための国連の活動を促進すること
                    これらの目的を追求するために
    学校教育や職業・専門教育などの定型的学習だけでなく、家庭やマスメディア、市民社会の諸機関を通じた非定型的学習においても実現されるべきであり、国際機関および各国がこうした教育を推し進めていくために、それぞれが行動計画..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。