科目最終試験 教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数303
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。2011年度科目最終試験の設問を網羅した最新版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
    カウンセリングは大きく分けて2種類ある。一つは治療的(専門的)カウンセリング、もう一つは発達援助的(開発的)カウンセリングである。治療的カウンセリングは、患者に対してセラピストが専門的な知識と技術を用いて患者の症状や病気を治療するのである。対象は、主に神経症の患者である。神経症とは、本人が症状に強く悩み(苦悩)、自分は病気という意識があり(病識)、その病気の原因は自分自身にある(洞察力)、と思うがその原因が分からない、そしてこのことで日常生活に支障をきたしなんとか治したいという気持ち(治療意欲)がある。なんとなく原因が自分にあると感じるのは、無意識に原因があるからであり、その治療的かかわりは無意識を明らかにし、意識化することである。そこで具体的方法として精神分析的カウンセリングがある。意識と行動に不一致が生じた場合、自我の中の無意識を意識化することにより、意識と行動を一致させ、無意識の方が意識よりも強かった自我の内界を、意識の方が無意識よりも強くなるよう変えることにより、神経症を回復させようとするものであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。