科目最終試験 教育社会学(5題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数326
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。2011年度の最新版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.いじめ問題の国際比較と通して、その共通性と異質性について具体的に説明せよ。
    いじめ問題の国際比較を通じて共通している部分と日本に特有な部分があるのはなぜか
    それぞれの国で社会的背景が異なるから、発生要因も特徴も異なる。
    <共通性>
    いじめは「力の強いもの」→「力の弱いもの」に向かう。
    <異質性>
    外国のいじめは、○男子の暴力的色彩が強い
    ○民族的・文化的な差別や偏見によるいじめが存在
    ○「1対1」の関係から生じることが多い
    ・・・それに対して
    日本のいじめは、○陰湿で見えにくい
    ○「多人数対1」の集団でのいじめが特徴的 ○異質な一人をターゲットにしていじめるのが一般的である
    その今日的な典型が「共依存型のいじめ」である。
    グループ内で行われるいじめであり
    いじめられる側が抜け出したくても抜け出せない
    あるいはいやでもそのグループ内に居続けざるを得ない状況で起こる。
                      その背景には
    「学校で一人」になることに対する不安や恐怖感があり、とりあえずグループでいることを強く望む傾向にあることが原因としてあげられる。
    まずは集団やグループに属したいという欲求..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。