科目最終試験 教育原論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数267
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。2011年度科目最終試験の設問を網羅した最新版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    <コメニウスの教授学>
    全ての青少年の教育のために、全ての子どもが学校へ通うことの必要性を説いている(貧富の別、男女の別、身分の別なく全ての子どもに学校教育が与えられるべき)
    教育は少年時代において発足しなければならない。また教育の順序は、子どもが受容可能なように段階的に為されなければならない。そのために統一的で体系的なカリキュラムに従い、博識(知識)、道徳、宗教を習得するまで教育を継続しなければならない。
    教材作成においては、まず容易な内容からはじめて、次第に難しい内容へと進める。
    年齢と学習の進歩に基づき、自ら発達する子どもの理解力に適合するよう配列すること。
    子どもの内面に働きかけ、子どもに知りかつ学ぼうとする熱望を燃やさせる。それゆえ、子どもの理解能力を超える教材を教え込むことは禁じられる。
    全ての知識はまず感覚的直観から始まることから「直観」を重視し、感覚活動を通じて(ある事物を教えるのに、言葉だけでなく絵を用いると効果が大きい)教えるのが望ましい。子どもがまず感覚的直観を修練し、次に記憶..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。