科目最終試験 学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数302
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。2011年度科目最終試験の設問を網羅した最新版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.新しい学校の荒れとしての「学級崩壊」について解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ
    「学級」は相互信頼や協力関係も生まれるが、葛藤や対立も避けて通れない。
         教師と子どものコミュニケーションのひずみや価値観のずれを前提としている。
    このような混沌とした状況から、お互いが成長するための契機をつかむ場でもあり、もともと形あるものではなく授業や集団活動などの多様な活動を通して新しく作られるもの。
    教員個人の対応のまずさ、指導力不足
               があったとしても…
    その影響が子どもに直接作用しないよう、リスクを解消するだけの学校組織としてのマネジメント能力や関係性(教師の日常レベルでの活動を支える学校内・外の協働システム)
                            が必要であり
    教員の求める禁欲主義・将来貯蓄型の学習観
    <学歴による経済的保証が利かなくなった今日…>
    子どもにとって「学び」そのものに意味を見いだせない
    2.教師の服務規程とは何かについて解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ
    職務上の服務として
    服務の宣誓
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。