科目最終試験 家庭科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,171
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定テキストに沿って分かりやすくまとめました。試験対策の参考にして頂けると幸いです。私もこの資料を使って勉強し、合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.「快適な住まいや室内環境にするための工夫を、次の項目から説明しなさい。(ア)動線(イ)暑さ(ウ)明るさ(エ)子供たちにできること。
    (ア)動線
     空気の流れについては、夏季に涼しく過ごすための通風又は冬季における汚れた室内空気の入れ換えとしての換気に関する方法が分かり、効果的な通風又は換気の仕方を工夫できるようにする。さらに、夏季には太陽の熱をさえぎるとともに風通しを良くしたり、一方冬季には太陽の暖かさを利用したりするなど、自然を上手に利用する方法が分かり、よりよい住まい方の工夫ができるようにする。
    (イ)暑さ
     暑さ・寒さの対処の仕方については、温度や湿度、空気の流れを調節することにより、室内の環境を快適に保つことができることが分かるようにする。地域によって暑さを防いで涼しく生活すること又は冬季に寒さを防いで暖かく生活することのいずれかに重点を置いて題材を構成することが考えられる。また、安全な住まい方として、暖房機の安全な扱い方について簡単に触れることも考えられる。
    (ウ)明るさ
     採光については、勉強や読書する場合を取り上げるなど児童の身近な生活と眼の健康とを関連させ、適度な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。