中学2年生 国語科 学習指導案 (「サンゴ礁の秘密」)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数797
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学の国語科教育法の授業で作成した学習指導案です。教材は中村庸夫『サンゴ礁の秘密』です。
    調べ学習3時間を含む計7時間の計画になっています。
    内容は以下のとおりです。

    ・教材研究の要旨(著者について、教材の概要と検討、教材の価値)
    ・学習目標(全体の目標、各時限の目標)
    ・調べ学習について
    ・学習計画
    ・評価の観点

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科学習指導案
    発表者     ○○ ○○
    指導教諭  ○○ ○○教諭
    教材 中村庸夫『サンゴ礁の秘密』
    教材研究の要旨
    著者について
    一九四九年、東京生まれ。早稲田大学理工学部卒業、同大学院建設工学修士課程終了。海岸工学の研究を行う。幼いころから写真やシュノーケリングに親しみ、大学在学中から水中写真を始める。大学院終了後、海洋写真事務所株式会社ボルボックスを設立。海洋写真家を名乗り、活動を始める。以後二十五年もの間、毎年半年以上を海外取材に費やす。帆船や豪華客船に関しては世界的なカメラマンであり、なおかつクジラ、イルカ、ペンギンなどの海洋生物の写真家としても著名である。『最新 世界の帆船』(平凡社、一九九二)、『食材魚介大百科』(同、二〇〇〇)、『クジラはなぜ歌う』(旺文社、一九九〇)、『マーメイド・ドリーム』(TOTO出版、一九九三)など、著書・写真集は数多く、テーマも多岐に渡る。
     (二)教材の概要と検討
    本教材は、中村氏の著書である『サンゴ礁の秘密 彼らは“地球の肺”である』(祥伝社ノンポシェット、一九九四)をもとに書き改められた、非常に平易な説明文である。
    本文は導入として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。