西洋史第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数634
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度 西洋史 第2設題のレポートです。

    第2設題:テキスト『アトランティス・ミステリー』について。
    アトランティス伝説の解釈について3つ以上例を挙げながら、自身の解釈を論じなさい。
    そのうえで、なぜアトランティス伝説が人々を魅了してきたのか、テキストの内容をふまえたうえで、自身の考えを論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題:テキスト『アトランティス・ミステリー』について。アトランティス伝説の解釈について3つ以上例を挙げながら、自身の解釈を論じなさい。そのうえで、なぜアトランティス伝説が人々を魅了してきたのか、テキストの内容をふまえたうえで、自身の考えを論じなさい。
    はじめに
    アトランティス伝説はこれまで多くの人々を魅了してきた有名な伝説である。そもそもアトランティスはプラトンの著作『ティマイオス』、『クリティアス』に登場する伝説の島である。大陸と呼べるほどの大きさで、高度な文明と強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、人々のそうした傲慢さがゼウスの怒りを買い、大地震と大洪水によって一昼夜にして海中に沈められたとされている。プラトンはこの伝説を真実であると強調していた。その後時代が下るにつれアトランティス自体への関心は次第に薄れていったが、新大陸が発見されるとその関心は再び高まり、この大陸こそがアトランティスではないかという説が支持されるようになった。しかし、この説によってアトランティスの謎が解明されたわけではなく、その後もさまざまな説が登場している。現在ではアトランティスはプラトンに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。