地誌学第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数525
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度レポートです。
    B評価なので、適宜修正してお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二設題:アメリカ合衆国について、自然環境と経済活動を中心とした地誌を作成せよ。
    1.地形と国土
     アメリカ合衆国は東西に約4000km、南北に約2000kmという広大な領域を持つ。この本土以外に、大陸北西部のアラスカとアリューシャン列島、太平洋のハワイ諸島、さらにプエルトリコやグアム島などの海外領土を領有する。アラスカとハワイを除く本土は、北はカナダ、南はメキシコと隣接しており、アラスカ州はベーリング海峡を挟んでロシアと接する。
    本土は北アメリカ大陸の中央部と北西にあり、東側は大西洋、南側をメキシコ湾とメキシコ合衆国、西側を太平洋、そして北側をカナダで囲まれる。北側に隣接するカナダとは、北緯49度線、五大湖とセントローレンス川で国境線が引かれ、カナダを挟んで北西にさらに進むと飛び地としてアラスカがある。南側はリオグランデ川を介してメキシコと接する。大陸の東側に南北にアパラチア山脈、大陸の西寄りには南北にロッキー山脈があり、山岳地帯となっている。アパラチア山脈とロッキー山脈の間は大平原になっており、大規模な農業地帯となっている。大陸の南東端にはフロリダ半島がある。北西部のカナダとの国境..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。