Z1102 教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数153
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度A評価レポートです。指定されたテキストに沿った内容です。アレンジして使ってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    ハヴィガーストの発達課題について述べよ
    1、発達課題とは
     人間にはそれぞれの発達段階において、獲得・達成することが期待され相応しいとされる課題がるとされ、それを発達課題(developmental task)という。この発達課題という考え方は、アメリカの教育学者であるロバート・R・ハヴィガースト(Havighurst,R.J. 1900-1991)によるものである。彼は自身の著書『人間の発達段階と教育』(Human Development and Education, 1953) においてその考え方がどういったものであるかを示している。
    彼によれば、「個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題は、われわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる」とされている。
     さらにハヴィガーストは「ほとんどの発達課題は、それを学習するのに、特定の時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。