Z1110 教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数209
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度A評価レポートです。指定されたテキストに沿った内容です。アレンジして使ってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動指導)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい
    1、教科指導とカウンセリング
    最近では、教科指導においてもカウンセリングの活用方法が検討されている。また、近年重視されつつある構成主義的な学習指導の考えに立つ教科指導の場面では、カウンセリングの考え方や方法を活用する余地が増加してくると考えられる。
    構成主義的な学習指導とは、従来のように教師が生徒に対して一方的に知識を伝達し、その成果を教師が一方的に評価するものではなく、「生徒にとっての新しい知識は、生徒が自ら既有知識を再構成しながら、自分自身で構成するものである」とされている。
    これは、カウンセリングの基本的な考え方である「本人にとっての新しい見方・考え方・行動の仕方などは、本人が自らの既有の見方・考え方・行動の仕方などを再構成しながら、自分自身で構成するものである」ということと本質的に共通している。構成主義的な学習指導では、生徒にとって未知の知識を教えるときに、それと関連する生徒の既有知識や生活体験を生徒自身がうまく思い出して発言できるように傾聴した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。