Z1108 教育方法学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数173
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度A評価レポートです。指定されたテキストに沿った内容です。アレンジして使ってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】
    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価にたいして主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ
     現在、学校教育は大きく変化しつつある。中でも教育方法については、従来の知識伝達型の授業から児童や生徒の主体的な学習を基本とする授業へと変化してきている。しかしながら、学校の教育課程では児童や生徒に対してさまざまな科目の授業が用意されているため、それぞれの科目または学びの内容や性質、ねらいにあった授業方法がとられている。
    たとえば、「読み・書き・計算」のようにすべての学びの基礎・基本となるような知識や技能の習得を目的とするタイプの学習では「従来の知識伝達型」の授業が適しているし、基礎的知識や技能を習得した後に、それらを発展させたり、利用したりして何かしらの課題に取り組むようなねらいをもつ授業では、児童や生徒たちの「主体的な学習を基本とする授業」が適しているため、それぞれにあった教育方法が採用され、授業設計がなされている。では「従来の知識伝達型の授業」と「児童や生徒の主体的な学習を基礎とする授..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。