R0712 社会学概論第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数289
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度A評価レポートです。指定されたテキストに沿った内容です。アレンジして使ってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 
    マックス・ウェーバーの社会学の性格について述べよ
    1.社会学とは何か
    そもそも社会学とはどういった学問なのか。ウェーバーの社会学の性格を理解するうえで、まずこの点に関して理解しておくことが必要不可欠な準備であると思われる。
    社会学の誕生について、それがいつのことであったのかを特定的に語ることは困難である。しかし、新しい科学としての社会学がフランス革命や産業革命といった18-19世紀初頭にかけて、ヨーロッパで起こった世界的な出来事、そしてそれにともなう社会の転換という時代背景のもとに成立したということは言えるだろう。
    社会学という言葉がはじめて使われたのは、1839年にオーギュスト・コント(1798-1825)が著した『実証哲学講義』第4巻においてのことであった。コントが社会学という言葉を生み出したのはフランス革命から50年後のことである。フランス革命は「理性」に導かれたものであり、18世紀の啓蒙思想は「理性」への信頼によって「自由」で「平等」な社会を基礎づけようとした。しかし、この「理性」による社会の企ては失敗を繰り返し、革命による社会の進歩や再構築を期待した人々を幻滅させ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。