Lucky Lips(完結)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数12
閲覧数264
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    マーカスは愚かに感じた。
    彼は恥ずかしかった。しかし、彼はドアをノックした。
    その暗い家から返事はなかった。それに墓場のように静かだった。
    その時、彼はカーテンの後ろで何か動いているのに気付いた。
    誰かが彼を見ている。
    彼はカーテンの隙間からから黒い目が覗いているのがわかった。
    何も敷いていない床をネズミが駆けるような足音がした。
    ドアがゆっくりと開くとスクリチェットばあさんの顔が現れた。
    人々が言っていることは本当だった-彼女は魔女のようだった。
    彼女の髪はワラのようで、鼻は長く、かぎづめのように曲がっていた。
    彼女はとがった黄色い歯を見せて笑った。
    「お入り。」彼女は言った。
    「お前さんのことをずっと待っていたんだよ。」
    マーカスはばあさんが彼のことをからかうのを許すつもりはなかった。
    「僕が来るってどうしてわかったのですか?」と彼は答えた。
    「僕がここに来ることは誰も知らないのに。」
    彼は胸がすっきりとした。
    彼はばあさんのしていることがすべてトリックだとわかったからだ。
    彼女は詐欺師だった。偽物である。
    彼女は僕が来ることを知っていたと信じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。