コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数290
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。
    序)
    現代社会において、コンピュータとインターネットは無くてならないものになった。では、これらのものが、どのような発達をして今のようになったかをまとめ、今後の展望について考えてみる。
    1.コンピュータの歴史
     まずはコンピュータの歴史からみてみる。コンピュータの発達の歴史は大きく分けて4つの世代に分けて説明することができる。第1世代は、論理素子として真空管が用いられた時代である。真空管で作られたコンピュータは、巨大なものであり、大きな電力を必要としていた。世界で最初のコンピュータとして言われるENIACは、最初は軍事用として開発されていたが、戦争が終わり、その後、商業用として開発が進められるようになった。1950年代後半から論理素子としてトランジスタが用いられたコンピュータが登場し、小型化が実現した。この時代を第2世代といい、第1世代と比べて性能は飛躍的に向上した。1960年代中頃には、IC(集積回路)が用いられ、第3世代と呼ばれる時代に入る。ICは回路を組み合わせて1つの半導..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。