8章「Martin Luther King,Jr.」について日本語で要約せよ。さらに、内容についてあなたの考えを述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数246
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    8章「Martin Luther King,Jr.」について日本語で要約せよ。さらに、内容についてあなたの考えを述べよ。
    〈要約〉
     公民権運動指導者マーチン・ルーサー・キング・ジュニアの生涯の仕事は、平和的手段によって、アメリカ黒人のために社会的・政治的・経済的平等を獲得することであった。
    1963年8月28日にキングは人権的不平等に抗議するためのワシントン大行進ですべての人権の250000人を指揮した。リンカーン記念堂の台座で彼は有名な“私には夢がある”スピーチを行い、そしてこの演説は、今までに一人のアメリカ人の演説者によって行われたものの中で、一番すばらしい演説だったと考えられている。
    キング博士が中心となって指導した公民権運動は、黒人だけでなく、あらゆる人種の人々の人種間平等への意識を高めた。そして、キング博士は非暴力変革によって社会に貢献したとされ、1964年にノーベル平和賞を受賞した。しかし、公民権運動を推し進めるなか、キング博士は人種差別主義者によって酷く攻撃され、ついには1968年に暗殺された。
    〈考察〉
    マーティン・ルーサー・キングは、1929年、ジョージア州アトラン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。