在日朝鮮人問題と帰化に関する考察

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数21
閲覧数465
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    過去、朝鮮半島からは、日本の植民地支配の影響下、多くの朝鮮人が日本に渡ってきた。そして彼らは日本で生活するために地域コミュニティを作り、学校を建て、社会運動を起こし、権利を獲得してきた。このような経緯を経て日本で自らの社会を築いた朝鮮人、またはその子孫は現在日本に約60万人以上おり、世代は4~5世まで幅を広めている。そして、彼ら在日朝鮮人の社会は、日本社会の中で様々な非難を受けており、その非難は度々社会問題や事件として浮上する。例えば現在、朝鮮学校無償化除外問題 として日本社会と在日朝鮮人社会は対立し、それに関連する朝鮮学校側の無償化除外反対デモや、朝鮮学校への暴力的な襲撃による逮捕者の出る事件 も起こっている。
    この現状を受け止め在日朝鮮人自身さえも植民地主義や自らの劣等感にさいなまれており、結果、非難の受けることのない「日本人」になるために「帰化」の選択をする人が増えてきた。年約1万人ペースの帰化が今後も続くとなれば在日朝鮮人社会は弱体化し、やがて消滅すると推測する。このような現象は朝鮮人が朝鮮人として生きることが困難であるため発生したものである。本論文は、このような在日朝鮮人の帰化を、日本社会における朝鮮人消滅に警鐘を鳴らすために焦点を当て、在日朝鮮人帰化問題の解決策を提案するものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    序章 在日朝鮮人帰化問題に関する考察の目的と展開1
    目的1
    展開1
    第1章 在日朝鮮人とは2
    第1節 発生の起源2
    第2節 定住にいたる経緯3
    第2章 在日朝鮮人問題5
    第1節 朝鮮植民地時代の在日朝鮮人労働問題5
    第2節 法制度的問題6
    第3節 差別意識問題7
    第3章 在日朝鮮人帰化問題9
    第1節 在日朝鮮人帰化の性質と実態9
    第1項 性質9
    第2項 実態9
    第3項 法規定10
    第2節 帰化選択の具体的理由11
    第1項 自らのアイデンティティに不便、不満、劣等感を抱く在日朝鮮人11
    第2項 同化政策12
    第3節 帰化がもたらす在日朝鮮人社会消滅の危険性12
    第4章 朝鮮人問題の原因と背景14
    第1節 北朝鮮バッシング14
    第2節 軍事大国化の推進14
    第3節 新自由主義思想16
    第5章 帰化問題の解決策18
    第1節 権利獲得運動18
    第2節 民族教育と朝鮮学校の重要性18
    参考文献
    参考URL20
    図表目次
    第1表 朝鮮人人口・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
    第1図 1924年の朝鮮人と内地人(日本人)の賃金・・・・ 5
    第2表 朝鮮人帰化者数・・・・・・・・・・・・・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。