商法504条の法理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数586
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    法律代理評価契約判決売買商法504条

    代表キーワード

    商法504条の法理

    資料紹介

    商法504条の法理

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商法504条の法理
    (最高裁昭和43年4月24日大法廷判決・判時515号27頁)
    一.事実の概要
    金融業者であるX会社は、A会社に対する債権の担保として、A会社が所有していたラムアンゴラの毛糸を譲渡担保に取っていた。このA会社が倒産したため、X会社はこの担保に取った毛糸の換価処分を、倒産したA会社の代表者であったBに依頼し、Bはさらに、同じくA会社の代表者であったCに依頼した。その後、A会社の代表者であるCとY会社の代表者Dとの間で、この毛糸を40万円余でY会社に売却する契約が締結された。
    この売買契約締結当時、BとCは、この毛糸がX会社へ譲渡担保に供せられていたことを知っており、A会社の代表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。