心筋梗塞(疾患)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数552
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    心筋梗塞
    概念
    冠状動脈硬化があり、狭くなった冠状動脈がアテロームの破綻により血栓を生じ内腔が完全に閉塞すると、その動脈から先の血流が遮断される。
    このようなことが心筋におこると心筋は壊死を起こし、心筋細胞も破壊される。
    このような状態が心筋梗塞である。
    部位別分類
    閉塞の生ずる冠状動脈の流域によって、左室の前壁・前壁中隔・下壁梗塞とよぶ。
    STEMIと
    NSTEMI
    ■心表面を走る冠状動脈主分枝の完全閉塞によって、心内膜層から心外膜層まで心室壁に塊状の壊死が生ずる場合を貫壁性梗塞とよぶ。
    貫壁性梗塞は、病変部の心電図に典型的ST上昇と異常Q波をみとめるため、ST上昇型心筋梗塞という。(STEMI)
    ■側副血行路のある場合や、細い冠状動脈の完全閉塞では、心内膜層を主病巣とする比較的小さな散在性の壊死を生じ、これを心内膜下梗塞と呼ぶ
    心内膜下梗塞は、心電図上典型的なST上昇をきたさない場合がある。
    これは非ST上昇型心筋梗塞という。(NSTEMI)
    概要
    ・死亡率は30%
    ・多くは発作直後から12時間以内に死亡する
    ・CCUとは冠状動脈疾患の集中治療室である
    ・心筋梗塞による死亡はその合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。