(教科)音楽 第2分冊 2011

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数366
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     歌唱について述べたい。まず、個人的な意見、経験談としての歌唱についての意見を述べたい。私が小学生の時は、歌唱の授業、テストが大嫌いだった。理由としては、思春期の影響などからくる人前で歌を歌うことの恥ずかしさ、興味がない歌を歌うことに対する抵抗などがある。この考えは、多くの児童に当てはまると思われる。しかし、今は、歌を歌うことは好きである。その影響としては、学校で習った音楽のおかげであるというよりは、巷の音楽の影響がかなりあると思われる。音楽を楽しむ気持ちというのは、人間の本能に近いものであり、数ある芸術の中でも、時代の影響を多いに受けるものである。そのことを考えつつ、日本や世界の先人が残した曲も印象的であり、いまだに口ずさめるものではあるが、流行や時代の変化を授業に取り入れるべきである。音楽嫌いになる人の多くが、小学生の時に原因があると思われるので、児童が音楽を楽しみながら人生を送れるような授業のあり方が重要である。
     歌唱の教材を選ぶ基準として、発達段階や児童を取り巻く環境や状況を考慮しなければならない。小学生の時期は、生涯において積極的に音楽と関わるための土台をつくり、自己表現と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。