「コモン・センス」の著者トマス・ペインをアメリカ独立戦争時の状況を織り交ぜて論じる

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,822
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「コモン・センス」の著者トマス・ペインをアメリカ独立戦争時の状況を織り交ぜて論じる

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「コモン・センス」の著者トマス・ペインをアメリカ独立戦争時の状況を織り交ぜて論じる
            <トマス・ペイン、「コモン・センス」の概要>
     トマス・ペインとはアメリカ独立戦争に貢献した政治哲学者、詩人で、生まれはイギリスである。ロンドンでアメリカ植民地の代表であるベンジャミン・フランクリンと親交を築き、紹介所を携えてアメリカのフィラデルフィアへ出向く。そこで「ペンシルベニア・マガジン」という雑誌の編集者となり、詩や小冊子を出版するようになる。その中の一つで彼の代表作でもあるのが1776年の1月に刊行された「コモン・センス」である。「コモン・センス」でトマス・ペイン自身は「イギリスという母体からは植民地であるアメリカはなんの利益も得られず、逆に搾取されるだけだ。故にその母体イギリスからアメリカは独立すべきである。」とイギリスの君主制を批判した上でアメリカの独立を分かりやすく論じている。これは後にアメリカ独立に賛成の者の啓蒙書となり、アメリカ独立へと繋がった。
    独立戦争とは植民地アメリカの内部でイギリスへの反発感情が巻き起こったのが最初の原因であるが、その原因はイギリスによるアメリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。