自分の身の周りにある人間関係を一つ取り上げ、それについて心理学(感情と欲求、社会、人格、臨床)の理論を交えて考察する

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数312
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自分の身の周りにある人間関係を一つ取り上げ、それについて心理学(感情と欲求、社会、人格、臨床)の理論を交えて考察する

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

               
    自分の身の周りにある人間関係を一つ取り上げ、それについて心理学(感情と欲求、社会、人格、臨床)の理論を交えて考察する
    今回の課題にあたって私が取り上げたい身の周りの人間関係とは友人関係です。私が日ごろどの様に友人と付き合っているのかを客観的にみて心理学的に考察してみようと思います。
     私の友人関係の範囲というものは狭く、4~6人に留まっています。というのも自分の本音を聞かせられる相手というものはそれだけ信用がないと駄目だからという自分なりの意識が働いているからです。これを言ってしまっていいのかと不安に思うようなことを思い切って相談できるような相手ということです。友人関係だけの話ではありませんが、基本になっているものは信頼関係だと私は思います。
    信頼関係は「ラポール」と呼ばれ心理学の中では非常に重要なものと学びました。深い交友関係になればなるほど信頼というものを意識し、自分の信用というものを保とうとしているように思えます。損得感情よりもむしろ関係を保つことで得られる精神的安心感、楽しさ、共感を意識しているようにみえます。友人と酒を交わしたり話をしたりと時間を共有し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。