カンタベリー物語(中)「郷土の物語」の中で誰が一番寛容だったか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数317
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    カンタベリー物語(中)「郷土の物語」の中で誰が一番寛容だったか

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       
                           
    カンタベリー物語(中)「郷土の物語」の中で誰が一番寛容だったか
     まず始めに私の結論を述べたいと思います。アルヴェラークス、ドリケン、アウレリウス、魔術師の4人の主な登場人物の中で私が一番寛容であると思った人物は魔術師です。魔術師以外の3人も同じように寛容であるのですが、288ページの一行目にあるように「わたしがあなたがたのいずれとも同じように高貴な行いができないとしたら恥になります。これは理の当然です。近習の方よ、わたしはあんたがたった今地中から這い出してきて、今まで一度だってわたしのことをご存じなかったものとして、お前さんの千ポンドを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。