William Shakespeare ウィリアム・シェイクスピアを新古典主義的な天才論とロマン主義的な天才論によって論じる。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数327
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    William Shakespeare ウィリアム・シェイクスピアを新古典主義的な天才論とロマン主義的な天才論によって論じる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                
    William Shakespeare ウィリアム・シェイクスピアを新古典主義的な天才論とロマン主義的な天才論によって論じる。
     ウィリアム・シェイクスピアはイギリスの劇作家であり詩人。若くして故郷を出てロンドンで役者となり、座付作家として活躍した。四大悲劇「ハムレット」「オセロウ」「リア王」「マクベス」など37編の劇を書いたことで知られる。エリザベス朝を代表する作家であり、彼の作品には「リチャード二世」「ロミオとジュリエット」「夏の夜の夢」「ヴェニスの商人」「ヘンリー四世」「ウィンザーの陽気な女房たち」「から騒ぎ」「お気に召すまま」「十二夜」などが挙がる。彼の作品は英語圏では今日でも高い尊敬を集めており、シェイクスピア戯曲は、今もなお世界各地で数え切れないほど上演され続けている。また、世界各国の様々な映画監督によってその作品は度々映画化され好評を博している。
    実際のところ、シェイクスピア自身に関する現存する資料はとりわけ少なく、手紙や日記、直筆原稿も書簡もほとんど残っていない。わずかに残されたシェイクスピアの直筆は、契約書や遺言状といった散文的な文書の署名ば..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。