S0106 教育社会学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数341
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。
    近年、教育現場において、深刻な問題になっている「学力低下」について、多くの議論が交わされている。その背景には、学生に学習へ対する意欲や価値付けの低下から、学習する習慣が身についていないこと、あるいは「ゆとり教育」を中心とした現代の教育改革の影響などさまざまな要因があると考えられている。そこで現在日本で起きてきる学力低下が何であるのか、またどのような議論が行われているかを述べていく。
    学力低下自体については昔から議論されていたが、今日の学力低下は、単に表面的な現象としての学力低下よりも、学ぶことへの価値づけの低下が問題であると考えられる。(インセンディブ・ディバイド〈意欲格差社会〉)
    さまざまな学力低下の議論が交わされるなかで、学力低下を実証するとされるデータが幾人かの論者によって提供されてきた。それはさまざまな教科で学習内容が大幅に削減されるというものであり、こういったカリキュラムを学ぶ子どもたちの学力は、削減される前のカリキュラムで教育を受けた世代の子どもたちに、すで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。