地理学 東京の建築について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数620
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    日本の光と闇~建築基準法~
    まず本レポートは、光と闇をそれぞれ、一般によく知られていること、一般によく知られていないことと定義付けて以下を論じる。
    東京駅から少し歩けば分かることではあるが、東京都には高層ビルが多数存在している。今回光として扱うのは、この「東京に高層ビルが多数存在する」という事実であり、逆に闇として扱うのは、「なぜ高層ビルが多数存在し得るのか」という疑問である。これは、東京が日本国の中心という概念的なものではなく、それが許されている理由の言及である。
    容積率
    建築基準法では、結果的に建物の高さを決めているものを容積率という。容積率とは、建造物の延べ床面積の敷地面積に対する割合の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。