教育基本法レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数522
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1.はじめに
    現行の教育基本法の男女共学の条項は、教育基本法改正案において唯一削除が明記されている。改正案を作成した中教審は第五条の削除理由について『男女共学の趣旨が広く浸透するとともに,性別による制度的な教育機会の差異もなくなっており,「男女の共学は認められなければならない」旨の規定は削除することが適当である』(注1)と主張している。その一方で中教審は「社会における男女共同参画は,まだ十分には実現しておらず,男女が互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い,その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会を実現するためには」現行法第五条の「男女は、互いに敬重し、協力しあわなければならないもの」であるという「理念は今日においてより重要である。」(注1)としている。しかしながら、果たして「男女は、互いに敬重し、協力しあわなければならないもの」という理念と、「教育上男女の共学は認められなければならない」という規定は、このように分けることが出来るものなのだろうか。
    2.第5条の趣旨
    まず、現行の教育基本法において「男女共学」定められた趣旨を見ていきたい。
    戦前は、明治24年に出され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。