商品の付加価値における考察

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数415
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    商品の付加価値における考察
    市場は大きく分けて「売り手」と「買い手」とに分類することができる。そして「顧客満足」とは、言いかえると「買い手が取引に満足」する状態であると考えられる。だとすれば、顧客満足というテーマについて論じる場合、売り手側よりもむしろ買い手側の視点で考えるべきである。ただし、取引によって買い手の求める結果は異なるだろうし、戦略に触れるために売り手の視点でも考える必要はある。
    不景気といわれる昨今、価格競争でより安価に品物を売却するという流れが起こったが、今ではウェイトレスがメイドの喫茶店が流行ったり、栄養価を考えて弁当を購入したりといった、価格以外での購買要素も重要視されるようになってきている。つまり買い手は、安ければ何でもいいと、単純に考えているわけではないのである。売り手側としても価格競争を繰り返せば採算がとれなくなり、いずれは経営が成り立たなくなってしまうため、価格外競争で購買数を伸ばそうと考えることは当然である。ここに売り手と買い手の共通利益がある。どちらも価格以外の付加価値を求めている。とはいえ、買い手としては安いに越したことはないから、価格競争を無視できる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。